リーズナブルな価格の割に、しっかり必要な機能はついていて大人気のPionnerのDJコントローラーDDJ400

Pioneer DJ パフォーマンスDJコントローラー DDJ-400

バンドルソフトとしてPionnerのRekordboxで操作するのですが、モバイルDJに人気アプリのdjayがDDJ-400に対応しているんです。

昔はdjayがSpotifyに対応していたようで、一部ではチートDJと揶揄されていたようですが、今は対応していません。
さすがにストリーミング再生の音質だと厳しいですよね。。。

素直に所有している音源をiPhoneに入れて利用しましょう。

iPhoneとDDJ-400を接続するのに必要な周辺機器は、Apple純正のカメラアダプタです。

Apple Lightning – USB 3カメラアダプタ

カメラアダプタから電源を供給することで、DDJ-400もバスパワー駆動します。

ここで、電源供給をコンセントではなく、モバイルバッテリー経由でやってみたらどうなるんだろうと思って試してみたところ、問題なく稼働することがわかりました。

利用したモバイルバッテリーは大容量のモバイルバッテリーであるこちら。

Anker PowerCore Fusion 10000 (9700mAh 20W PD モバイルバッテリー搭載USB充電器) 【コンセント一体型/折りたたみ式プラグ/USB Power Delivery対応/PSE技術基準適合 】 iPhone 12 iPad Air(第4世代) Android その他 各種機器対応 (レッド)

ついでに、出力先をDDJ-400から出力するスピーカーとして、電源不要でバッテリー駆動できるモバイルスピーカーに接続するともちろん音が鳴ります。
30Wの高出力なので、飲食店などの室内や、少人数での野外でも十分な出力。

Anker Soundcore Motion+ Bluetooth スピーカー 防水 高音質 重低音 apt-X 30W出力 12時間連続再生 IPX7 パッシブラジエーター iPhone & Android 対応 レッド

モバイルバッテリーと、モバイルスピーカーがあれば、コンセントいらずでDJが出来る。

もちろん、iPhoneの代わりにノートパソコンでも出来ますが、ノートパソコンだとどうしてもバッテリーの稼働時間が短くて不安かもしれません。

そこで、iPhone+モバイルバッテリーとすることで稼働時間を稼げるので、6時間以上やりたいー といった長時間実施の際に、室内でどうしても電源が取れない場所だったり、電源持ち込みするほどでもない野外だったりで、この構成は役に立つと思うのでご紹介です。

Written by 708

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。