テキストだけでここまで爆笑したのは中華キャノンこと先行者以来か?
ネット界を爆笑させた人類最強の男シリーズ

俺は人類最強の男というコピーに引かれ
人類最強になるためにはどうすればよいのか考えた
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めに全裸で姉の部屋にアンゲロ、アンゲロとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けブラジャーを腰に巻きパンティーを頭にかぶる
姉が呆然としながら見てくるが人類最強なので気にしない
姉のベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫
姉は無言で部屋から立ち去る
だがまだ最強には不十分
次は妹の部屋にムッシュムッシュと叫びながら飛び込む
妹は着がえをしている最中だったが人類最強なので無視
半裸で逆立ちをしながら
「俺に充電しろ!!俺に充電しろ!!」と絶叫
妹は大泣きで退散
確実に人類最強に近づく
開脚後転でトイレに飛び込み便座を外し首に掛ける
ゾンビの真似をしながら母の部屋に突撃
タンスを開けると一枚の写真発見
死んだ親父が俺を抱いている写真発見
俺は泣いた

———————————————————-

前回人類最強の男を目指したが挫折してしまった俺は
人類最強になるためにはどうすればよいのか再び考えた
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めに全裸にネクタイと靴下のみで玄関を飛び出す
お向かいのおばちゃんがホウキを持って呆然としている
おばちゃんに側転で近づきホウキを奪い取るが人類最強なので気にしない
ホウキをお尻に差込み四つん這いで「北キツネ物語!北キツネ物語!」と絶叫
おばちゃんは全力疾走で逃げどこかに電話している
だがまだまだ最強にはほど遠い
次はロッテンピッテンサッテンと叫びながら繁華街にくり出す
すれ違う通行人は次々と固まっていくが人類最強なので無視
酔っ払ったオッサンの腹肉を鷲掴みにし上下運動させながら
「アブトニック!!アブトニック!!」と絶叫
オッサンはその場で腰を抜かした
確実に人類最強に近づく
後ろから追ってきた警察官に「アンソニー!会いたかった!」と叫びながら
フライングクロスチョップで突撃
警察官がもんどりうって倒れている間に路地裏に
カバディカバディといいながらフェイドアウト
ダンボールの中にまだ目も開かぬ捨て猫を発見
捨て猫を抱きしめ俺は泣いた

———————————————————-
二度人類最強の男を目指したが挫折してしまった俺は
人類最強になるためにはどうすればよいのか再び考えた
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めに手首足首にリボンをつけただけの裸体で
女子高の教室に窓から飛び込む
生徒を2、3人巻き込むが人類最強なので気にしない
目についた鞄を次々ぶちまけ「持ち物検査!持ち物検査!」と絶叫
半数の生徒は逃げだし残りは固まっている
残った生徒と目を合わせると軽く悲鳴を上げて逃げていく
教室には誰もいなくなった
いい感じだがまだ最強とは言えない
ぶちまけた小物の中にあった口紅で顔と上半身に戦いの化粧を施し
バケツを履いて空き缶ぽっくり馬の要領で廊下を全力疾走
校長室を見つけたのでノックした後返事を待たずに突入
校長らしき男が引きつった表情をしているが人類最強なので無視
「最近の若者の行動は目に余る物がある」とつぶやきながら
校長の机にバケツネリチャギ
校長は真っ青な顔で逃げ出した
確実に人類最強に近づく
図書館に飛び込み本棚に回し蹴り回し蹴り回し蹴り
崩れてきた卒業アルバムの中に知った名前を発見
いじめから救ってくれた恩師の名前を発見
俺は泣いた

———————————————————-
人類最強の男を目指すものの中々その域に達せない日々に苛立ちをおぼえる
その事で頭が一杯で仕事もまるではかどらない
人類最強になるためにはどうすればよいのか再び考えた
人類最強なのだからどんなこともできるはず
手始めに靴下を脱ぎそれを自らの両手にかぶせ
「ハイサッサ・・・ハイサッサ・・・」とつぶやきながら隣の女性社員のパソコンを拭く
女性社員に目と目が合うまで必殺人類最強笑顔で応対する
目を合わせないよう顔をそむけてくるが靴下ハンドで顔を固定してアイコンタクト
女性社員は無言で部屋から走り去る
だがまだまだ最強には及ばない
次は給湯室にモケーレムベンベと叫びながら飛び込む
新人OLがお茶を入れている最中だったが人類最強なのでやや威嚇
逃げる背中に間髪いれず飛びつきカクカクカクカク
「カツオの声は俺にやらせろ!!カツオの声は俺にやらせろ!!」と絶叫
OLは崩れるように気を失った
人類最強はもうすぐそこだ
気を失ったOLのポケットから手紙を発見
俺宛のようだ
「以前からあなたのことが好きでした。良かったら付き合ってください。」
ロッカールームの片隅で声を殺して俺は泣いた

———————————————————-
気が付いたら鉄格子の付いた部屋に入れられてた俺は
ここから抜け出して人類最強になる事を計画した
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めにパンツ一丁になってシーツをマント状に着る
ベッドの名札を外してパンツ(ブリーフ)の下半身の中華キャノンがでる箇所に引っ掛ける
看護婦が薬品のアンプルセットを持ったままフリーズしているが人類最強なので気にしない
看護婦のナース帽にドクロマークを書き込み「キャプテンフック!キャプテンフック!」と絶叫
看護婦は無言でナースステーションへ立ち去る
だがまだ最強には届かない 脱出しなくては
次は隣の病室にチャオソレッラ!チャオソレッラ!と叫びながら飛び込む
患者は病院長の回診の最中だったが人類最強なので無視
病院長の頭の半分に墨をぶっかけ顔にサインペンで線を引いて
「アッチョンプリケ!!アッチョンプリケ!!」と絶叫
病院長は悲しげな笑顔を残して去っていった
確実に人類最強に近づく
点滴台をスケボーのように乗りこなしながら「行け!デロリアン」と叫んで廊下を突っ切る
怪盗ルパンの真似をしながら「さらばだ!まあ会おう明智君!」と言いつつ
窓を突き破って中庭へゲットセット
上を見上げると抜けるような青空発見
台風一過の爽やかな春の日発見
俺は泣いた

———————————————————-
数秒前まで泣き崩れていた俺だが
人類最強になる計画を思いついたので行動を起こすことにした
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めに全裸になってコンビニにチョランジャチョランジャとつぶやきながら飛び込む
新聞を折り紙にして兜を折り頭にかぶる
店員(女)が呆然としながら見てくるが人類最強なので気にしない
バックヤードに潜入して「働くから!働くから!」と絶叫
店員(女)は叫びながら店から逃げ去る
だがまだ最強には不十分
次はカウンターに立ってモリッペモリッペと叫びながらレジ打ち
客なんて一人もいないが人類最強なので無視
下半身丸出しでブレイクダンスしながら
「サワヤカ!!サワヤカ!!」と絶叫
誰もいない店内に俺の声が響き渡る
確実に人類最強に近づく
「お箸はお付けしますか?」と見えない客に問う
「お願いします」と客が答えたので
引き出しからお箸を出そうと下を向くと床に落ちていた名札を発見
初恋のあの子の名前とあの頃の面影を残す写真発見
俺は泣いた

———————————————————-
俺は確信を持った。
今現在確かに人類最強に近づいていると。
そして今日も人類最強への経験値を得に外へと飛び出した。
人類最強なのだからどんなこともできる。
手始めに全裸にカブト虫を頭に乗せ小学校の教室に飛び込む
みんなの視線を華麗に集める事に成功
先生にクロールの真似をしながら近づきチョークを奪い取るが人類最強なので気にしない
チョークをお尻に差込み「避雷針!避雷針!」と絶叫
先生は慌ててどこかへ走って行った
だがまだまだ最強には程遠い
次はジャカジャカジャンケンスタート!と叫びながら廊下へ飛び出す
なぜか誰もいないが人類最強なので誰も聞いてないことに気づかない
その時たまたま通った子供の唇を掴み上下運動させながら
「声が遅れて聞こえてくる!声が遅れて聞こえてくる!」と絶叫
子供は突然の出来事に声もでない状態だ
確実に人類最強に近づく
ケンケンで保健室に飛び込み眼帯を両目につける
死にそうな馬の真似をしながら職員室に突撃
眼帯をとると昔お世話になった先生を発見
俺の姿を見て唖然としている
俺は泣いた

Written by 708

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。